8.3 木場を中心にスタディーツアーが開催される


 8月3日 西区主催の催し物がありました。

 ルートはこちら

 西区集合⇒歴文・展示説明⇒旧武田家⇒枝豆出荷場⇒山佐池⇒枝豆直売所⇒勇吉にて昼食・亀倉蒲舟作品展示⇒木場城跡地⇒八幡様・囲い土手跡⇒満行寺・・・・解散3時30分

 スタディーツアー的な要素が強く、旬の枝豆を絡めての散歩ができました。

 ぶらタモリ、路地連、まち歩き、日帰りくれよんが、ほどほどミックスされた的なといえば、雰囲気が伝わるでしょう。


 
e0350881_639121.jpg


 大谷一男さん、郷土史家による説明。


 
e0350881_640515.jpg


 
e0350881_6401625.jpg


 JA越後中央、東部園芸センター長からの説明。


 
e0350881_6414264.jpg


 昼食の風景。

 佐藤勇さんから、昔の写真、亀倉蒲舟の作品展示。

 昼食には、懐石弁当と、藤月堂のスウィーツが添えられておりました。

 料理人、菓子職人の手間暇を感じました。満腹です。もとい満足です。



 昼食後。


 
e0350881_651178.jpg


 木場城址跡地。潟・沼、新潟までの距離など説明を受ける。

 「こんな何にもないところに、城があったのですか」

 城のイメージが想像できないという声がありました。

 (そうだと思います)


 
 
e0350881_6452335.jpg


 山際七時頌徳碑、仏足石を見学に満行寺へ。

 忙しい中、満行寺ご住職様から堂内の案内をいただきました。

 先々代から聞いたという戦時中の疎開児童の悲劇を、お話してくださいました。

 ありがとうございました。


 
e0350881_65557100.jpg



 1日のツアー、お疲れ様でした。

 植物、生物など自然もある木場の地、いろんな要素をツアーに組み込んだら、また面白いと思いました。

 スタディーツアー。地理歴史こうみん・民俗文化、生物化学地質学、食育体育なんでもが学びになると思います。

 西区さん、また企画お願いします。

                               文・写真 五十嵐 
.
[PR]
# by ashitaniaogu | 2016-08-08 07:01 | 郷土木場を語るシリーズて

7.16 まち歩き講座を開催



 7月16日、まち歩き講座が行われました。

 木場、板井、黒鳥地区における観光、歴史ボランティアガイドを養成し、あわせて郷土意識の醸成図るものです。


 
e0350881_1063738.jpg


 木場城推定地にて、木場の郷土を愛する会代表、大谷一男氏の説明風景。




 
e0350881_10752.jpg


 板井、釈迦堂について解説する板井村の小林総代。


 次回、8月3日。このコースをもとに一般募集をかけた人たち30人がこの区域を回ります。



                        (事務局 五十嵐)



.
[PR]
# by ashitaniaogu | 2016-07-17 10:09 | 郷土木場を語るシリーズて

まち歩き、パンフできました。


 
e0350881_15554167.jpg


 2016.6月、西区からの補助金で、ガイドブックができました。

 そんでもって、木場城推定地という、モニュメント、立ちました。

 西区さん、ありがとうございます。


 
e0350881_15575352.jpg



 活用させてもらいます。


                               (事務局 五十嵐)


.
.
[PR]
# by ashitaniaogu | 2016-07-02 15:59 | 広告・関連情報

木場・亀倉プロジェクト 各地各所からご来場いただきました。


 
e0350881_23121365.jpg



 9月23日。

 会期最終日。 各地各所からご来場いただきました。
 ありがとうございました。


 
 
e0350881_22463837.jpg




  燕市産業資料館学芸員の齋藤優介さん

 彫金師は、書ができて絵が描けないといけないのです。八一の銅板は実にかっこいい。蒲舟は書がよくわかる人、だから八一の書が彫れる。どう書いたのか、どこに力が入っているのか、がわかる。知識人なのです。
 彫金師は2Dを3Dにする仕事です。頭のなかで、画像が立体化する。特に蒲舟は、絵も上手い。究極のディフォルメができた人だと思います。簡略しながらも、線をぼかす、繊細で上品、柔らかい。
 彫金は最後に装飾して価値を上げる人、だから、燕では、鍛金師より仕事場が10センチくらい高いんです。蒲舟の作風は、燕や新潟ではなく、東京の流れです。さらにいろんな技法や題材に取り組んだ。見事です。

 
 燕という土地、またこの界隈が、彫金という金工の分野が進んでいたことがよくわかるお話をいただきました。
 ありがとうございました。



 亀倉姓は、いまでいう燕、粟生津村に集中しています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
e0350881_22594237.jpg



 続いて、會津八一記念館学芸員の湯浅健次郎さん

 八一は、自分が好きな人や認めた人と一緒に仕事や何か作ることが好きでした。きっと、亀倉蒲舟とも気があったと思います。八一の書の彫金は蒲舟以外にありません。木彫が少し、石に短歌や書を刻んだものはけっこうあります。でも、この彫金はすごいです。エッジが効いている。八一の日記に、これで三千年残ると書いてます。とても喜んだと思います。

     
  ありがとうございました。


 多くの縁をいただいて、「木場・亀倉プロジェクト」を継続していきたい、また次なる郷土意識を共有する企画を、是非続けていきたいと考えております。


 皆様の声をありがたく頂戴いたします。




 
e0350881_23123947.jpg





 木場・亀倉プロジェクト、無事終了しました。



 (ほっ)

                                      (事務局一同)





.
[PR]
# by ashitaniaogu | 2015-09-23 22:56 | 水土木場プロジェクト

会期はあと二日、作品やよもやま話が集まって盛り上がる

  
e0350881_748100.jpg


 いろんな話を聞くことができました。

 また多くの方からご来場いただきました。

 会期はあと二日です。

  庭にいる銅牛が、今回の作品展でいちばんいい味出してます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 
e0350881_714204.jpg


 (元)新潟県美術博物館の本井ハルノブさん 
 大変でしょうが、こういう展覧会を開催することが大事です。そうしないと忘れ去られてしまいます。やれば、埋もれていた話や作品が表に出てきます。

 国立東京近代美術館の工芸館の方を亀倉家に案内したことがあった。中央から見ても素晴らしい作家だったと思います。ご子息の康之さんとは呑んだりしてましたけど、蒲舟先生には、僕が若くて、お近づきになれなかった。僕が言うのはおこがましいけど、新潟の戦後を代表する作家ですね。(談)

 

 
e0350881_724455.jpg



 

  作 品

e0350881_71350.jpg


蒲舟、16歳の作品。
亀倉家倉庫からでてきたもの。

  


 
  作 品

 
e0350881_755873.jpg


 亀倉宇周作品 個人提供

「昭和7年10月 半内製 宇周乍」とある。砲弾の薬きょうで作られている。宇周19歳の作品が残っていた。半内板金(大野町)は、先代の文太郎さんの時代、銅工所だった。


 
 作 品

 
e0350881_784649.jpg


 亀倉蒲舟作品 個人提供

 煙草入れ。今回の作品の中で「コンパクト・緻密繊細度」ナンバーワンのもの。

 「村に寄付していくからっ」

 ポンと置いていかれた。

 作品を手に取ると、スタッフみな驚嘆したその時の様子が推察できるでしょう。


 
                                (写真 事務局 五十嵐政人)




.


 
[PR]
# by ashitaniaogu | 2015-09-22 07:18 | 水土木場プロジェクト

9月20日、木場・亀倉プロジェクト、まち歩きでした。

 まち歩き最終回。
 4回目のおおとりは、29人が参加。
 天気よく、村びとの参加もあり、事務局もほぼ、フルメンバーで参加しました。

 10:00 スタート 木場川前 農協出荷場前

 
e0350881_113095.jpg


 「出発前の点呼から、なんか人数増えているなあー」

 「すみません、もう一度手を上げて下さい」

 「増えている!」

「準備していた拡声器、まんまと忘れたっ!」

けれども出発。


 
e0350881_11322445.jpg


 トップバッター、蒲舟旧宅にて亀倉芸さんが説明。


 つづいて。

 
e0350881_11351193.jpg


 村の八幡様で、大谷会長にバトンタッチ。




 ちなみに、9月3日、4日の村祭りはこんな感じ。

 
e0350881_11362741.jpg



 
e0350881_11364095.jpg



 
e0350881_11365413.jpg


 
 
e0350881_11371711.jpg


 出店も多いんですよ。金魚こんにゃくかき氷、たこポッポ。

 ということは、お金を使ってくれるお客が多いということでしょうか。


 話を戻して。

 
e0350881_11392187.jpg


 トンネルを抜けると、木場上組の土堤につながる。


 
e0350881_11404331.jpg


 木場満行寺山門前。

 寺の由緒、山際七司石碑の紹介、囲み土堤の高さについて説明する。

 運よく、寺の奥様がいらっしゃって、亀倉蒲舟の作品を見せていただくため、お寺に入場許可をいただいたところ、快くご返事いただき、約30名が本堂を経て、庫裏にむかう。


 
e0350881_1145980.jpg


 一同、お宝を拝見して、ぱしゃぱしゃしてる。

 作品の説明は、芸さん。


 つぎは八割地内を経て、割烹勇吉前。

 
e0350881_1147273.jpg


 パンフレットの50年前の写真と現在の様子を見比べる。

 佐藤さんの撮りためた写真が、プロジェクトにそうとう、いい味を出している。


 
e0350881_11503127.jpg


 まち歩きの途中は、個別レッスンにも対応している。


 次はコーヒーブレイク、青木餅屋さんへ


 
e0350881_11514272.jpg


 聞き手の皆さん。

 
 
e0350881_1152151.jpg


 ご当主青木さんとおばあちゃん。

 亀倉家とは親交が深く、青木餅屋のうさぎのロゴも当然亀倉蒲舟。


 おやっ。

 
e0350881_1154773.jpg


 お茶をふるまってくれているのは、青木農場の事務と営業と、たまにアウトドアに借り出されるWなべさんじゃないか。

 「ありがとさん、この企画に加わってもらって」

 後でお礼いおうっと。
 もし忘れてなかったら。


 裏道に出た。

 いなほの波、そして火葬場。


 
e0350881_11575345.jpg


 村に住む人には、日常には必要ないとしても必ずお世話になる施設だった。

 残影、痛ましい。





 最後は、木場小学校跡地に残る「よろこびの碑」

 
e0350881_120497.jpg


 
 説明を加えるとすれば、「よろこびの碑」は現在、埋め込んである埴輪のレリーフから、涙が流れています。
 小学校廃校により、放置されているからとい風説が流れています。

 もちろん、ごく一部の村びとの説ですか・・・・・。

 


 ここまで、所要時間2時間。

 参加者には箸置きのみやげ付き。



 おつかれさまでした。



                                    (事務局 五十嵐窮之助)




.
[PR]
# by ashitaniaogu | 2015-09-21 12:03 | 水土木場プロジェクト

9月12日、「黒埼地名考」大谷一男講演会がありました。

  
e0350881_22533154.jpg




 大谷一男さんより「400年前の戦乱と地名をめぐるもの-史実と説話-」と題し、黒埼の地名について講演会を行っていただきました。
 講演会では、黒埼の地名のうち黒鳥兵衛伝説と結びつけられている「黒鳥」や木場城築城の際に木材を陸揚げしたため「木場」という地名になっているといった通説について黒鳥兵衛伝説が平将門をモデルにし各地に類似の伝説があること、木場城築城より木場の集落の成立が古いことなどを挙げ、通説が誤りであるという解釈をいただきました。
 参加者からは、黒埼の他の地名についても詳しく知りたいなど続編に期待する声がきかれました。



(主催者、新潟市歴史文課、同施設の今井学芸員のコメント)
     

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  
  標記、木場の郷土を愛する会、大谷会長の講演会がありました。

  木場の人材、木へんを取って「人の才」、または財産的な意味を持つ「人は財」と書かかせていただきます。

  満員だったとのことです。


  通説に対して、時代考証きっちりとした上で、大谷会長は説明してくれます。


  さて、この村のこと、まだまだ番組は続きます。


                                             (事務局 五十嵐窮之助)








.
[PR]
# by ashitaniaogu | 2015-09-16 23:00 | 郷土木場を語るシリーズて

蒲舟の大作の下絵を公開!


 
e0350881_21294177.jpg


亀倉家からの特別出品です。
先日、多数の蒲舟の下絵(エスキース)が見つかりました。
この度、その中から数点を公開いたします。
圧巻は、代表作「龍門石窟」のエスキース。コンテで表現した重厚なデッサン、細部を鉛筆で書き込んだものと、2枚を並べて展示しております。
このような大型の下絵が展示されることは稀です。貴重な機会となりますので、ぜひ蒲舟の作家としての息吹を感じていただければ幸いです。



                                   (寄稿 亀倉 芸)






.
[PR]
# by ashitaniaogu | 2015-09-16 06:46 | 水土木場プロジェクト

作品 十二支 揃




e0350881_6563811.jpg






e0350881_657273.jpg



 蒲舟らしい、可愛らしさと品格の漂う十二支。
もちろん初公開、必見です!
特に「戌」は、愛犬「マリア」がモデルと思われます。とても利口なコリーでした。絵では少し和風にアレンジされています。



                                          (寄稿 亀倉 芸)




.
[PR]
# by ashitaniaogu | 2015-09-15 06:53 | 水土木場プロジェクト

か・ぶ・つ




  
e0350881_2130091.jpg



  木場。

  稲刈りが始まっています。

  豊作を祈って。




.
[PR]
# by ashitaniaogu | 2015-09-13 21:31 | 郷土木場を語るシリーズて